看板建築

看板建築といっても、看板を作っているわけではありません。

看板建築とは、主に東京や関東周辺で関東大震災後の昭和2、3年ころに建築された、主に商店などで用いられた建築様式です。

この看板建築という言葉は、路上観察学会員で東京大学生産技術研究所教授の建築史家、藤森照信氏が命名しました。

具体的には、木造2階建てで屋根裏部屋があり、店と住まいが一緒になった併用店舗となっているもので、前面の壁面は垂直にたちあがって、銅面やモルタル、タイル張りとなっているものです。

建物は通りに面していることが多いため、軒が前面に出ているということはありません。

この、前面の平たんな壁を利用して、自由なデザインを試みたところから、看板建築という名称がつけられました。

ですから、建築物に看板を取り付けたものは看板建築とは言えず、また平面の壁面が広告や看板のためのスペースとなっているものも看板建築ではありません。

現在では見る機会は減ってしまいましたが、まだまだ残っているものも多くありますから、誰もが何気なく目にしたことがある建築物だと思います。

街中で見ないとしても、昔ながらの町並みを保存している場所で、昭和初期の雰囲気を醸し出しているところなら、必ず看板建築はあります。

○○横町といった駄菓子屋さんの並んだスペースが復興されているテーマパークでは、絶対に見ることが出来ます。

現在残っている看板建築の例として、登録有形文化財となっているものに、茨城県石岡市の「十七屋履物店」と「久松商店」があります。

また江戸東京たてもの園には、看板建築の典型的なものが移築保存されています。

中には国の文化財にも指定されている看板建築もあります。

多くの人が、イメージを沸かせることは出来るのではないでしょうか。

Posted in 建築パース. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.