現代の建築様式

フランク・ロイド・ライト氏は、フランスで活躍した建築家のル・コルビュジエやドイツ出身の建築家ミース・ファン・デル・ローエとともに、近代建築の三大巨匠と呼ばれています。

1867年に生まれ、1959年に92歳で生涯を閉じるまで、有機的建築という建築に対して一貫して取り組んできました。

フランク・ロイド・ライト氏自身の言葉によれば、有機的建築とは、「外からあてがわれた形態に合わせて造られるようなものではなく、その建築が必要とするすべての要素が調和し、内から外へと発展していく建築」のことをいいます。

つまり簡単にいうなら、自然と調和した形と精神を建築で表現するというものです。

有機的建築では、建築は有機体であるとし、自然を建築のモデルと捉え、自然と共存していこうという考え方に基づいています。

この自然との共存という考え方は、もともとの日本の建築に対する考えや日本人の文化と非常に重なっている部分が多く、事実フランク・ロイド・ライト氏は、日本でも有名な建築物を設計しました。

現在では取り壊されたために正面玄関部分が明治村に移築されていますが、帝国ホテルを建築したのも彼です。

また現在は国の重要文化財となっているヨドコウ迎賓館、こちらも国の重要文化財となっている自由学園明日館、電通八星苑は、彼の設計によるものです。

もちろん、アメリカでも多くの代表作を建築しており、美術館や教会、多くの個人住宅や研究所、事務所などを建築しました。

具体的には有機的建築とは、建築物はそれが置かれている環境全体と関連してデザインされ、統一感があるもので、さらに機能とデザインが一致していることとされています。

Posted in 建築パース. Tags: . Bookmark the permalink.

Comments are closed.