建築パースは水彩画が主流でした

以前までは、建築パースは水彩画が主流でした。

遠近法を用いて、建築パースを専門に学んだ人でないと、難しくて描くことが出来ないものだったのですが、現在では、パソコンが発展・普及したことで、3Dのソフトが開発され、CGで描かれた建築パースが主に利用されて、デザインを勉強した人でなくても、ソフトの使い方さえわかれば多くの人が建築パースを描くことが出来るようになりました。

とはいっても、水彩画であっても、CGであっても、建築パースは建築物の魅力を広く人に知らしめる大切なものですから、まるで一つの芸術のように作品として扱われます。

よりリアリティがあり、しかも町の中に溶け込んでいる様子で、出来上がった建築パースを見た人が、これから建てられるその建築物を心待ちにするような気持ちになるものになることが建築パースには求められますから、建築パースを専門に描いている会社もありますし、「パース屋」と呼ばれる言葉もあるほどに、建築パースを専門に描く人もいます。

そういった方々は、建築パースに心をこめ、その建築物の看板となりえるよう、配慮して描いているようです。

建築物が出来上がるまでは建築パースがその建築物をいわば代表しているわけですから、建築パースへの需要も根強くあり、予算や出来上がり具合の程度にもよりますが、建築パースを専門に扱って一つの会社を成り立たせることが出来ることも可能なほどです。

さらに今では、建築パースを、水彩画やCGではなく、合成写真を用いて作成するところも出てきました。

主に印刷会社に頼むと合成写真を用いる場合が多いようですが、安く、しかも非常にリアリティがあるということで、需要が増えてきているようです。

建築パースをカタログに掲載したりする場合は、ほとんどがこの印刷会社で作られている合成写真の建築パースになってきています。
建築パースで住宅Design

見る方もリアリティがあるためイメージがわきやすいですし、建築パースを作る方も写真の加工の工夫次第で済むということもあり、便利な建築パースの描き方になっています。

ただ、水彩画には手描きの暖かさがある建築パースが描けますし、CGならより立体的に、パソコン上で回転をさせて3次元でイメージをすることが出来るという長所があります。

もちろん、合成写真の建築パースには、よりリアリティがあるという長所があります。

ですから、どんな建築パースを作りたいかによって、それぞれの方法が今後も続いて活躍していくことは変わらないことだと思われます。

建築における環境

建築における環境とは、敷地の形状や風の向き、光の方向、近隣の建築物との位置関係や高低差、さらには街全体の印象や地域の風習にまで及びます。

さらに、その建築物に住む人の性格や家族も、建築の環境に含まれます。

つまり、太陽や月、星などの自然の光は自然のままに、そして建築物の周りを吹き抜ける自然の風は自然のままに取り入れた空間を創り出し、かつ機能的に生活できるような住まいを建築するということです。

フランク・ロイド・ライト氏の有名な有機的建築を実現した代表的建築物に、落水荘があります。

これはエドガー・カウフマンの別荘として建築されたもので、滝の真上に建てられ、滝の岩の一部が建物の一部となるように設計されている、まさに自然を生かした建築物となっています。

滝を眺める家ではなく、滝と一体感を感じられるよう滝の真上に建てられたということは、非常に斬新で、衝撃的な建築物でした。

またデザインだけでなく、滝との一体感を得られるということは、安らぎを感じられ、心地よい空間を作り出すことが出来ています。

このことは、落水荘の住人がいかに気持ちよく過ごせるかという点についても配慮されているということでもあり、機能的面も考えられている家となっています。

この有機的建築は、建築が大量生産の商品としてとらえられ、生活や風土に合わせて建築がなされていくという考え方が失われていく中で、環境や自然と人間の共存の復興を考えた建築として注目を浴びている建築となっています。

事実、フランク・ロイド・ライト氏が建築した家は、建築後100年以上経った現在でも大切に住み続けられており、その古さを感じさせない素晴らしいものとなっています。

人間を豊かにしてくれる建築であるうえに、環境との一体を考えられている有機的建築は、エコが注目を浴びている現代には、非常に合致している、今後ますます需要の増えていく建築様式といえるのでしょう。

有名にはなって欲しくない建築パースの会社

ちょっとしたプレゼンに必ず欲しくなってしまうのがCGを使ったパース。
そんなときに、自社のスタッフでCGを作り始めてしまうとコストばかり掛かって、費用対効果がまったく出なくなってしまうのが悩みの種でした。

そんなときに見つけたのが、建築バースやCGパースを専門で請負ってくれる制作会社です。
自社のスタッフでも出来る、だから自社で作るというのはもう時代遅れ、いまは外部の協力業者さんに任せてコスト管理をしたほうが費用対効果が高く、つまり安く上がるのです。

専用ソフトの使い方など、やはりノウハウのかたまりなので、社内ノウハウをと考えるのが最初の罠、それよりも、コストパフォーマンスの高い外部の専門家を使ったほうが圧倒的にコストダウンをはかれるのです。
いま、一押しなのは福岡から全国対応している株式会社シェルパさん。
商業建築パース サービスサイト

マンションやビルだけでなく、商業施設、文化施設まで幅広いCGパースに対応してくれて、料金もリーズナブルなので依頼する回数が増えています。
料金に合わせて依頼内容をアレンジ出来て、その理解が早いのも制作実績が豊富だからだと思っています。

いつもいつも高画質ハイクオリティーという必要はないので、力を抜くところはしっかりと抜いて費用を抑えるということが大切。
何度か頼んでみて、他のCG屋さんと違うなと思ったのは、設計経験者だったり、オリジナル図面を理解しているという経験の差というところです。

きちんとした基礎があるから整合性が取れているというか、ただ綺麗なだけじゃないCGにまとまっているという感じです。
そういった打ち合わせに時間をかけるのはムダなので、分かっているCG屋さんに依頼するというのは当然で、福岡にある会社なのに全国から仕事が舞い込むというのも理解できます。

ただ、あんまり評判にならないで欲しいというのも事実、いまのところリーズナブルに利用出来るというのが最大のメリットだから。
紹介はしますけど、有名にはなって欲しくない会社です。

Comments are closed.